季ごこちの良い住まい エアムーブ住宅

ウィンドウを閉じる

壁内逆止弁「エアフィン」

これからのエコ住宅を実現する、住まいの心肺機能。

エネルギー消費の少ない家づくりは、いまや社会的要求であり、国からの要請でもあります。そして、人々が心から望んでいることです。私たちはかねてより現在の住宅作りに疑問を抱き、本物のエコ住宅とは何かを追求してきました。そして辿り着いたのが“生きている家”エアムーブ住宅です。エアムーブ住宅が“生きている家”と呼ばれる理由は、電気やガスに頼らず自然の力で“呼吸”を行い、それにより家全体が快適で健康的な状態に保たれることにあります。その要となる部材が、従来の住宅にはない壁内逆止弁。これが家に呼吸をさせ、夏は涼しさ、冬は暖かさをもたらします。さらにこの呼吸は、カビや腐食を防止して家を長生きさせ、シックハウス症候群の原因物質を排出。冷房による冷えや暖房による乾燥などの悩みも解消してくれます。

エネルギー消費の少ない家づくりは、いまや社会的要求であり、国からの要請でもあります。そして、人々が心から望んでいることです。私たちはかねてより現在の住宅作りに疑問を抱き、本物のエコ住宅とは何かを追求してきました。そして辿り着いたのが“生きている家”エアムーブ住宅です。エアムーブ住宅が“生きている家”と呼ばれる理由は、電気やガスに頼らず自然の力で“呼吸”を行い、それにより家全体が快適で健康的な状態に保たれることにあります。その要となる部材が、従来の住宅にはない壁内逆止弁。これが家に呼吸をさせ、夏は涼しさ、冬は暖かさをもたらします。さらにこの呼吸は、カビや腐食を防止して家を長生きさせ、シックハウス症候群の原因物質を排出。冷房による冷えや暖房による乾燥などの悩みも解消してくれます。

壁内逆止弁の働き快適のカギを握る“空気”をコントロール

壁内の通気層に取り付けられた逆止弁が一定方向の気流を生じさせ、夏は熱と湿気を効率よく排出し、冬の昼間は家全体の空気をかき混ぜるように暖気を循環させます。そして、冬の夜間は、壁の中が“閉じ込められた空気層”となり、抜群の保温性能を発揮。また、家の中に空気が淀む場所がないため、臭いや煙なども短時間で消えます。

壁内の通気層に取り付けられた逆止弁が一定方向の気流を生じさせ、夏は熱と湿気を効率よく排出し、冬の昼間は家全体の空気をかき混ぜるように暖気を循環させます。そして、冬の夜間は、壁の中が“閉じ込められた空気層”となり、抜群の保温性能を発揮。また、家の中に空気が淀む場所がないため、臭いや煙なども短時間で消えます。

壁内の空気の流れ

エアフィンについてさらに詳しく動画で見る

Copyright 2015 Tsukasa All Rights Reserved.