季ごこちの良い住まい エアムーブ住宅

ウィンドウを閉じる

屋根断熱材(タイト・シーリング)の特徴

「屋根断熱」にすると住まいはここまで快適になる。

屋根と小屋裏は太陽の日差しの影響を直接受ける過酷な環境にあります。一般的な天井断熱では、小屋裏に熱気や湿気がこもりやすく、断熱効果も落ちるため居室空間が熱くなってしまいます。 しかし屋根断熱は屋根面で断熱するため、小屋裏は太陽熱の影響を受けにくく熱も溜め込みにくいので、ロフトや収納スペースとしてムダなく有効活用できます。

屋根と小屋裏は太陽の日差しの影響を直接受ける過酷な環境にあります。一般的な天井断熱では、小屋裏に熱気や湿気がこもりやすく、断熱効果も落ちるため居室空間が熱くなってしまいます。 しかし屋根断熱は屋根面で断熱するため、小屋裏は太陽熱の影響を受けにくく熱も溜め込みにくいので、ロフトや収納スペースとしてムダなく有効活用できます。

過酷な環境下でも屋根の強度を保つ

屋根断熱材(タイト・シーリング)は、458mm幅の断熱パネルです。約460mmと短い間隔で垂木が配置されているので、風や雨、日射や雪など過酷な環境下でも屋根の強度が保てます。

屋根断熱材(タイト・シーリング)は、458mm幅の断熱パネルです。約460mmと短い間隔で垂木が配置されているので、風や雨、日射や雪など過酷な環境下でも屋根の強度が保てます。

多少の雨でも滑らない「滑り止め」加工 優れた耐圧性
Copyright 2015 Tsukasa All Rights Reserved.