季ごこちの良い住まい エアムーブ住宅

ウィンドウを閉じる

基礎断熱型枠(タイト・モールド)の特徴

基礎断熱ができる型枠

基礎断熱型枠(タイト・モールド)はコンクリート打設後にそのまま断熱材になり、省エネ住宅に必要不可欠な基礎断熱が同時に施工できます。また、工場で組み立てられたユニット状態の型枠を現場に搬入するので、 きわめて精度の高い、品質の一定した基礎をつくることができます。

基礎断熱型枠(タイト・モールド)はコンクリート打設後にそのまま断熱材になり、省エネ住宅に必要不可欠な基礎断熱が同時に施工できます。また、工場で組み立てられたユニット状態の型枠を現場に搬入するので、 きわめて精度の高い、品質の一定した基礎をつくることができます。

2重のシロアリ対策

基礎に外張りされた断熱材は、シロアリにとって格好の標的になってしまい、基礎断熱の大敵でした。タイト・モールドは断熱材の素材にホウ酸を混ぜ合わせ、シロアリの被害から断熱材を保護。さらに断熱材の上にアルミ製の「防蟻笠木」を取り付けることでシロアリの侵入を二重で防ぐ対策を施しています。

基礎に外張りされた断熱材は、シロアリにとって格好の標的になってしまい、基礎断熱の大敵でした。タイト・モールドは断熱材の素材にホウ酸を混ぜ合わせ、シロアリの被害から断熱材を保護。さらに断熱材の上にアルミ製の「防蟻笠木」を取り付けることでシロアリの侵入を二重で防ぐ対策を施しています。

強度が強い基礎

従来の基礎は段階的にコンクリートを打設していくため、「耐圧盤」と「立ち上がりコンクリート」の間に継ぎ目が生じます。地震のような外力や経年変化にともなう劣化などにより、継ぎ目には亀裂が入りやすく、強度低下や浸水などの危険性が高くなります。基礎断熱型枠(タイト・モールド)は、浮かし型枠で耐圧盤と立ち上がりコンクリートを同時に施工することができるので、継ぎ目のない、きわめて安定した強度の基礎をつくることができます。

従来の基礎は段階的にコンクリートを打設していくため、「耐圧盤」と「立ち上がりコンクリート」の間に継ぎ目が生じます。地震のような外力や経年変化にともなう劣化などにより、継ぎ目には亀裂が入りやすく、強度低下や浸水などの危険性が高くなります。基礎断熱型枠(タイト・モールド)は、浮かし型枠で耐圧盤と立ち上がりコンクリートを同時に施工することができるので、継ぎ目のない、きわめて安定した強度の基礎をつくることができます。

一般のベタ基礎 継ぎ目ができてしまい接合部に亀裂が生じやすい タイト・モールドのベタ基礎 「耐圧盤」と「立ち上がり」の同時打設ができる

基礎断熱についてさらに詳しく動画で見る

Copyright 2015 Tsukasa All Rights Reserved.