STAFF BLOGスタッフブログ

京都大学生存圏研究所

ご存知ですか?

京都大学生存圏研究所。

私たち人間が生きていくために必要な領域と空間を「生存圏」としてとらえ、

おかれている状態を診断し、未来に向けて治療や修復の方法を検討しながら

地球環境を守って行くことを目指した研究機関です。

 

京都大学生存圏研究所のご紹介

http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/rinen.html

 

この研究所におられる居住圏環境共生分野教授の吉村剛先生は

木造住宅にとって最大の外敵であるシロアリ研究の第一人者です。

 

この度、吉村先生にご協力を賜り、自社開発部材である

基礎断熱型枠タイト・モールドの野外実験を行うため、

会長と建築部長遠藤が鹿児島県へ行ってまいりました。

 

基礎断熱型枠タイト・モールド

http://www.tsukasa-corp.co.jp/insulate/mold.html

 

生活・森林圏シミュレーションフィールド

http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/DCRP/LSF.html

 

シロアリ対策を施してあるタイト・モールドが悪条件の中でも

性能を発揮できることの実証実験を行います。

 

生活・森林圏シミュレーションフィールド

生活・森林圏シミュレーションフィールド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上棟ラッシュ♪

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
ご無沙汰しております。エアムーブ住宅の須田でございます( ̄∇ ̄;)

なかなかブログ更新できずに申し訳ございません。
毎日忙しく過ごさせていただいております。

年末から本日まで、地鎮祭・上棟式と次々にエアムーブ住宅が各地で建ち始めております。

そんな本日も、玉村町にてエアムーブ住宅の上棟式がありました。
餅投げもさせていただき、大盛況にて催されました。

blog_img01

こちらは、2月20日(金)伊勢崎市にて上棟

blog_img02

2月26日(木)大泉町にて上棟

blog_img03

3月13日(金)前橋市にて上棟

blog_img04

3月14日(土)同じく前橋にて上棟

blog_img05

ちなみに、上記の現場は私が担当している現場だけです。
その他にも、皆様の町に続々とエアムーブ住宅が建ち始めているはずです。

来月も、続々と上棟する現場がございます。
またご報告させていただきますね(* ̄▽ ̄*)

新前橋モデルハウス
http://www.airmove.co.jp/model/shinmaebashi.html

前橋モデルハウス
http://www.airmove.co.jp/model/maebashi.html

大渡モデルハウス
http://www.airmove.co.jp/model/owatari.html