STAFF BLOGスタッフブログ

2018.1.22(Mon) 日ごろ日記

初雪は大雪

2017年、色々ありまして太りました、
設計課の齋藤です。
お久しぶりです。

2018年になって最初のブログになりますが、
外は今、雪です。初雪です。そして大雪です。

子供の頃は、雪が降ると喜んでいましたが、
社会人になったら車の運転が心配で全然喜べません(´;ω;`)

2018.1.19(Fri) 日ごろ日記

地元の行事

新しい年を迎え、いかがお過ごしでしょうか。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて先週、小正月を待たずに
地元の「どんど焼き」が行われました。

家々から、だるまや正月の松飾り・注連縄などを
持ち寄り、高く積み上げました。
  
言い伝えは、たくさんあるようです。
調べてみると、地元ならではの行事にも
参加してみたくなると思いますよ(^^)

子供の減少によって
どんどん焼きを行う地域も少なくなっていますが
伝承していきたい日本の行事の一つですね。

 

私も家内安全や無病息災を願いました。
今年も皆様にとって
良き年でありますように…。

田中

 

各展示場への来場予約はコチラをご確認ください。
http://www.airmove.co.jp/reserve/

エアムーブ住宅は、instagram・Facebook・LINEも実施しています。

 

2018.1.16(Tue) 日ごろ日記

インフルエンザ

こんにちは♪
建築グループの井口です。

寒さが益々厳しくなっていますが、皆様体調崩されていないでしょうか?

群馬県内でインフルエンザ注意報が発令しているそうです。

ラジオで流れていたのですが、先週より劇的にインフルエンザにかかっている人が増えているそうです。

私の周りでも、インフルエンザにかかっている人が沢山出てきているので、
手洗いやうがい、マスクの着用などをして感染予防対策を心がけたいと思います!

インフルエンザが冬に流行るのは、どうしてなか気になったので調べてみました。

理由は主に2つあります。それは・・・
•ウイルスにとって生存しやすい環境である
•ウイルスが体内に侵入しやすくなる

インフルエンザウイルスは、温度15℃以下・湿度20%前後が最も生存しやすい環境。
そのため、気温と湿度の低い冬にインフルエンザの感染者が増えます。逆に高温多湿の日本の夏は、インフルエンザウイルスが生存しにくく、流行が起こりにくいのです。
また、冬における人体の反応もインフルエンザの感染と関係があります。
鼻や喉の粘膜は、線毛という毛に覆われています。この線毛は、ウイルスなどの異物を体内に侵入するのを防ぐ「フィルター」のような働きをしています。
気温が低くなると、体内の熱を外へ逃さないように鼻や喉の血管が収縮することで、線毛の働きが鈍くなるのです。そうすると、ウイルスが体内に入り込みやすくなります。
つまり、インフルエンザの感染リスクが高まるということ。だそうです。

インフルエンザにかからない為には
•手洗いをこまめに行う
•予防接種を受ける
•部屋の湿度・温度を管理する

ピークは…
1月下旬~2月上旬(1月第4~5週目が最も危険!)

インフルエンザにかからない為にも予防を心がけましょう!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

各展示場への来場予約はコチラをご確認ください。

http://www.airmove.co.jp/reserve/

 

エアムーブ住宅は、instagram・Facebook・LINEも実施しています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

2018.1.15(Mon) 未分類

建具屋さんの木工技術

 

こんにちは 建築グループの小野坂です。

この時期、風邪やインフルエンザが流行っておりますので、お体にお気を付けください。

 

 

以前にもスタッフブログで紹介しておりますが、

ゲストハウスの組子はもうご覧いただけましたか?

組子とは、釘を使わずに切りこみやほぞを入れて木を組み合わせる技術のことです。

ひとつひとつ手作業の為、とても繊細な仕上がりになります。

 

去年ですが、建具屋さんに組子作成の作業を少しだけ見させていただきました。

 

まず、木のカットから。


刃が三角に飛び出ている鉋(かんな)で、板の厚さの半分まで切りこみを入れ、

板を裏返して再度切りこみを入れることで、山形の切り口ができます。

切りこみが足りていないと、切り口の山の頂上部分に突起が出来てしまう為、

組子として使えなくなってしまうそうです。

 

組み合う場所によって切り口の角度が変わってくるので、鉋の刃の大きさを変えることで、

切り口の角度を変えているそうです。

 

 

 

 

続いて、切った木を組み合わせていきます。

上の写真の飛び出ている木ですが、実は左右で切り口の角度違うのです。

なので、左右間違えないように組んでいきます。

少しやらせて頂いたのですが、隙間がほとんどないので真っ直ぐに入れないと入らず、大変だったのですが…

さすが建具屋さん!馴れた手つきでどんどん組んでいました。

 

 

 


組子は手間や時間がかかりますが、出来上がりはとてもきれいですね。

 

組子はゲストハウスでも見られますので、是非いらしてください。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

各展示場への来場予約はコチラをご確認ください。

http://www.airmove.co.jp/reserve/

 

エアムーブ住宅は、instagram・Facebook・LINEも実施しています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お家づくりって何からはじめればいいの?

「お家づくりって何からはじめればいいの?」

私たちがお客様と話させていただく中で、この質問を結構頂きます。
一生に一度の大きな買い物なので絶対に失敗したくないですよね・・

デザイン?工法?断熱材?お金に間取り・・?
今は情報が溢れていて、余計に迷ってしまっている方が多くいらっしゃいます。

そこで、これから住まいづくりをするご家族が
幸せに暮らすためのお手伝いできないかと考え、

3本立ての家づくりスタート講座をご用意いたしました(*’v’*)
回を追って、視界がクリアになるようナビゲーションします!

第1回目は「失敗しない家づくり」

なにから始めればいいのか家づくりのプロが教えます!

今回はなんと!!「他社で建てた方」のお話も聞けるプログラム(*´∀`*)
エアムーブ住宅に偏った内容ではないので、実は私たちも興味津々なんですよ♪

ゆったりとした空間なので「座学」というより「お話&相談会」に毎回なってます。

おいしいお茶を飲みながら、楽しく学んでみませんか?
お楽しみ☆ちょっとオシャレなおみやげもご用意しています✿
お友達、ご家族とご一緒に気軽にいらしてください!

詳しくは下のチラシをご覧ください♪

ご予約制となっております。
フリーダイヤル 0120-24-4951
または、前橋本社 027-254-3988 まで★

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

各展示場への来場予約はコチラをご確認ください。
http://www.airmove.co.jp/reserve/