STAFF BLOGスタッフブログ

赤城神社

こんにちは!建築グループの井口です。

最近はやっと暑さが和らぎ過ごしやすくなってきましたね♪

先日、赤城神社へ行ってきました!

赤城神社は、群馬県前橋市富士見町赤城山の山頂にあり、赤城神社の主祭神は、山と湖の神様である赤城大明神様、実は赤城神社と名のつく神社は全国にたくさんあり、なんと300にも及ぶと言われています。その総本宮のひとつとされているのがここの赤城神社だそうです。

古代の信仰では、「山に女神さまが住み、たくさんの神様を産んで、その子供達と共に暮らし、民を守ってきた」という信仰があり、それらの信仰と赤城神社の主祭神への信仰が合い重なり、子授けのご利益があるとして言い伝えられてきました。

山頂にあるだけあって多くの自然が残っており、四季折々に魅せる素晴らしい景色と山と湖を一望する壮大な景色を観れるのでハイキングや観光でも有名なスポットです。
私が行った時もハイキングやランニングしている方を沢山見ました。

赤城神社のご祭神は赤城姫というお姫様。 古くから女性の願いを叶え、お参りすると美しい子供を授かると云われています。

特に境内で手に入る「姫守り」は女性の願いなら何でも叶えてくれると有名で、人気で購入される方がたくさんいるそうです。
私も姫守りが欲しくて赤城神社へきました。

赤城神社には伝説があります。
昔、高野辺大将家成の家に2人の美しい娘が生まれました。
名前を赤城姫と淵名姫といって美しさと気だての良さは誰もが憧れていました。
しかしその母親は早くに亡くなってしまいました。
娘を不憫に思った父親は新しい母親を迎えて新たに2人の娘ができました。
しかし気だても容姿も赤城姫や淵名姫には到底かなわず
母親は赤城姫と淵名姫を羨み2人を殺そうと企てるのです。
逃げる2人は母親の追ってから逃れて、この赤城山にたどり着きます。
そこで大沼湖にいた鴨が2人を助けました。
2人の姫は赤城大明神に召されて赤城の神様になりました。
そんな伝説から2人の姫が守る群馬 赤城神社では女性の願いが叶うと言われるようになったそうです。

そんな伝説を聞くと女性なら1度は訪れてみたいですよね(^^)
願いが叶ったあかつきには、お礼参り来たいと思います。

これからの季節は紅葉も楽しめるそうです。
紅葉の見頃は10月初旬から中旬頃だそうで、冬にはワカサギ釣りが出来るそうです。

また、売店などもあるので、群馬のご当地料理も食べられます。
私は名物みそまんじゅうと山菜ラーメンをいただきました。

ラーメンもみそまんじゅうもとてもおいしかったです♪

他にもボートにも乗れます!
この日は寒かったので乗らなかったのですが、次来た時は乗ってみたいです。

大自然にとても癒されリフレッシュできました♪

是非、行ってみてください!!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

各展示場への来場予約はコチラから♪

instagram・Facebook・LINEも実施しています。